スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
はじめまして
今回ブログを担当することになりました初代管理人のフロッグクレーンです!

普段は名古屋で大学生をしています。が、東京は市ヶ谷に事務所を持つNPO法人JYMA日本青年遺骨収集団に所属して遺骨収容のボランティアを行っています。今までガダルカナル島に二回、グアム島(意外と知らない方が多いですが約2万人が戦没した玉砕の島なのです)に一回の計三回参加しています。

このブログでは現在「知る人ぞ知る・・・」状態になっている来夏実施予定のガダルカナル島のジャングルにおける遺骨帰還活動「正式名称:ガダルカナル島『丸山道』自主派遣隊」の様子を広く皆様に知っていただきたいと思っています。
もちろんそれだけではなく私が経験してきた現地の様子、現在の戦没者慰霊がおかれている状況などもお伝えしていきたいと思っています。

昨今靖国神社への総理大臣の参拝などで過去の戦争に対する意見が分かれがちではありますが、戦没者に対しての慰霊は右翼、左翼、保守、リベラル関係なく日本人である限り、人間である限り取り組んでいかなければいけないトピックだと考えています。

今後ともよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
2010/12/26(Sun) | 告知、ごあいさつetc | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--はじめまして--

若い人たちが過去の「戦争」を見返らない風潮を苦々しく思っておりましたがここにこういう気概のある若い人がいる!と思うと日本もまだまだ捨てたものではないと安堵いたしますね。
グアムというとどうしても今はリゾートとしての島というイメージがしっかり定着してしまって、「玉砕の島」とは知らない日本人がたくさんいるのではないでしょうか。
あちこちの島嶼にいまだ忘れられている御遺骨を早く日本にお迎えして安らかに眠っていただくことこそ大切なことで本当は日本政府がきちんとせねばならないことですね。
おっしゃる通り、戦没者に対する慰霊というのは思想や信条に関係なく「日本人として」行われるべきことだと思いますね。
これからも体にお気をつけてがんばってください。応援しています。
by: 見張り員 * 2011/01/15 20:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

見張り員様

返信が遅くなってしまい申し訳ありませんm(_ _)m
応援ありがとうございます。
私以外にも東京には日々活動している方々がおられます。私はまだまだだな~と感じる日々です。
一人でも多くの方に慰霊の現状に気づいていただきたいですね

これからもよろしくお願いします!

by: フロッグクレーン * 2011/01/30 01:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://gatomaruyamajisyu.blog109.fc2.com/tb.php/1-0101bcb4
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。