スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
7月6日は海軍飛行場設営隊、ガダルカナル島に上陸の日!(昭和17年)
と書いているそばから、すでに7月7日なわけですが^^;;

今から69年前にガダルカナル島の戦いの第一歩が開始されたと考えると、何気なくすごしてしまった1日が非常に重要に思えてくるから不思議なものです。

約70年前に使われた野砲や飛行機などがいまだにガダルカナルには多く残っています。また、ご遺骨とともにボタンやベルトのバックルなどの小物も出てくるときもあり、そういったものを見ると本当にここで一人の人間がなくなったんだなと(当たり前ですが)感じます。そのためか護国神社などに建立されている部隊の慰霊碑などを見ると知人のお墓を見ているような、決して他人事とは思えないようになりました。

田舎などに行くと昔建立された忠魂碑などが墓地に残っている場合もありますが、多くはあまり管理されていないような印象を受けます。やはりこういうものは国がしっかり管理してゆくものなのでしょう!

ちなみに現在、隊長殿はガダルカナル島に二回目の偵察に行かれています。(前回は私も一緒に行きました!)
今回の偵察でより万全の準備で派遣を行い、一柱でも多くの御英霊をお迎えできるよう励んでゆきたいしだいです!
スポンサーサイト
2011/07/07(Thu) | 戦史 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--こんばんは--

何気なく過ごしている日々が、その国の歴史にとって大きな意味のある日である・・そんなことすら忘れ果てている日本人は多いことでしょう。
7月7日はなんだか大きな事件のある日付ですよね。
盧溝橋事件しかり、サイパン陥落もこの日じゃなかったかな?

今日、靖国神社崇敬奉賛会から22年度の講演会などの記録集を取り寄せて拝読していますが、ガダルカナルはもとより硫黄島など、まだまだ御遺骨の問題が山積していますね。
ジャングルや海底に眠る御遺骨を一柱でも多く故国にお迎えする。その当然なことがどうして進まないのか?
歯がゆい思いのこの頃です。

暑くなりました、どうぞ御身大切にお過ごしくださいね。
by: 見張り員 * 2011/07/07 23:52 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントありがとうございます--

おっしゃるとおりですね。
今何気なく過ごしている一日や、何気なく通り過ぎたその場所が大きな意味を持っているかもしれないと考えるとまだまだ勉強が足りないと痛感しますね。

遺骨収集だけでなく、多くの問題が累積していますが、国民一人一人ができることをして、長い年月を掛けて解決してゆくしかないのではと思います。

我々の活動も来年以降も継続してゆけるように頑張ってゆきたいです。
by: 管理人 * 2011/07/16 18:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://gatomaruyamajisyu.blog109.fc2.com/tb.php/17-fad14a01
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。