スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
未だに残る日本兵伝説
ブログ開設以来出版物の紹介とご挨拶しかしてないじゃないかぁぁっっ!!!

ということで現地での日本兵伝説の話をします。

ふと思い出したのですが、隊長殿は僧侶をされています。
現地での迫力の*読経のおかげでお経の始まりを覚えてしまいました。

*読経・・お経を読むこと

早速、本題からずれましたが日本兵伝説です。

半世紀を超えても語り継がれるどのような伝説かというと強かったということです。

我々がジャングルの中に入るときはいつも現地の方々に手伝ってもらっています。
ジャングルの中に入ったことがない方にはわからないかもしれませんが、ジャングルの中というのは一面緑であり、入った瞬間に遭難してしまいます。これは大げさな表現ではなく本当に迷います!
しかも、80度に近い坂道やぬかるみ等まともに歩けたものではありません。

しかし現地の方は、その環境の中をTシャツ、短パン、片手にマシェッタ、背中に荷物ですいすい迷うことなく移動していきます。運べる荷物の量も我々よりはるかに多く、文字通りスーパーマンです。

しかし、その彼らが口をそろえて「日本軍はすごい」といいます。
「あんな重い武器弾薬を担いでジャングルの中を移動するなんて俺でも無理だ」
「母が日本兵一人で大きな丸太一本を運んでいるのを見たそうだが、絶対俺にはできない」

などなど、我々から見てスーパーマンの彼らがすごいと思う我々の先人たちがどれほど屈強だったのか・・・想像してもしきれません。

未だにジャングルの中には、多くの遺物が残されています。鉄カブト、小銃弾、*擲弾筒弾、電話線のリール、*エンピetc...鉄なので当たり前ですが、どれも手に取るとずっしりと重く、こんな重いものを持ってよくもここまで来たものだなと感嘆するばかりです。

*擲弾筒・・・小型迫撃砲のようなもの。米軍は「knee mortor」と訳していましたが、ひざに当てて打つと骨が折れます。地面につけて打ちませう。

*エンピ・・・シャベルのこと。土を掘るだけでなく、近接戦では、エイヤッ!と使えたりする万能ツール。未だに鉄の部分が残っているので、現地の人が柄の部分を即席で作って使ったりしている。彼らいわく「made in Japan. Still useful! 」(訳:さすが日本製!まだ使えるぜ!)


半世紀以上たっても「日本人すごいね」といってもらえ、後世の我々が胸を張って生きていけるほどの苦行をしていただいたのに、未だに日の光もろくに浴びれぬジャングルの土の中に先人を放置しているのだなと考えると悲しくなります。

先人が残してくれた偉業の恩返しのためにも、早く日本の土を踏んでいただきたいですね。



自分も半世紀以上たっても「日本人スゲェ!」と語り継いでもらえる仕事ができれば「男子の本懐」だな~と考えながら、ESも書かずにブログを書いている管理人でした。



スポンサーサイト
2011/02/24(Thu) | 戦史 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
コメント
--こんばんは--

戦後60数年がたっても、「日本兵はすごい」といわれてやはり当時の日本人は今とは比べものにならないくらい雄々しく勇ましかったのですね。
私の手持ちの写真集の中にも、重い山砲などをジャングルで引いていたり、重装備で密林を歩く日本の兵隊さんの写真があり「これは・・私はできない」と思っていましたが、やはり。そうでしょうね・・・。
「平和」の中にどっぷり、首までつかった戦後生まれの私にはこういったところに行って先人の苦労を思いやるということも必要なのかもしれませんね。
でもそうしたご英霊がいまだジャングルに眠っておいでになると思うと胸が苦しくなりますね。
by: 見張り員 * 2011/02/25 22:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

見張り員様

コメントありがとうございます。先人のすごさには本当に頭が下がりますね!
私は見たことがありませんが、ジャングルの奥地には山砲が残されているそうです。
私も以前から本で読んで現地の厳しさは知っていたのですが、現地に行ってみてまた印象が変わりました。
やはり現地に行くのは大切だと考えます
by: 管理人 * 2011/02/26 01:00 * URL [ 編集] | page top↑
--日本兵伝説と男子の本懐--

日本軍の悪いところばかりがクローズアップされる時代、現地の方々は日本兵の遺烈を称えて下さっているんですね。教科書や日本のマスコミ報道だけを見ていると、浮かび上がらない貴重な事実。フロッグクレーンさんはいいご経験を学生時代からされていますね。

男子の本懐、既に死語になりつつある今日ですが、本活動は正に男子の本懐を遂げられる稀有なものと信じます。

日本の将兵はもとより、フロッグクレーンさんも男子の本懐、これに優ることなし。

良いお話をありがとうございます。
by: 監察官 * 2011/02/27 01:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

横やりを入れるようで申し訳ございませんが、戦後丸山道を縦走している日本人は結構おりますので、このルートでの遺骨収集はポイントを絞らないと徒労に終わってしまうのではないでしょうか。

かくいう私も、十数年前の学生時代に丸山道を歩いた一人です。ジャングルの奥地で擱坐する四一式山砲には驚かされました。
by: * 2011/03/02 19:40 * URL [ 編集] | page top↑
----

皆さまコメントありがとうございます。

>>監察官様
お褒めの言葉ありがとうございます。日本男児の血をひくものとして恥じることがないよう精進してゆく次第であります。

>>UNKNOWN様へ
貴重なご意見ありがとうございます。
我々としましても一柱でも多くのご遺骨をお迎えするため精度を挙げるべく二度の調査派遣を行っております。現在、活動地域はルンガ川沿いの野戦病院あとと、モカ周辺を予定しており、二回目の調査派遣では野戦病院跡などから9柱をお迎えしており、必ずや今夏の派遣では多くのご遺骨をお迎えできることと信じております。

ちなみに、ひょっとしてR大探検部の方でしょうか?
我々の派遣計画を立てるに際してはR大探検部様の派遣報告書をかなり参考にさせていただいており、感謝感謝でございます。
もしよろしければお話などをうかがいぜひ参考にさせていただきたいと思いますので、ページ中ほどのメールフォームからご連絡いただけないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

by: 管理人 * 2011/03/03 01:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://gatomaruyamajisyu.blog109.fc2.com/tb.php/6-551c6747
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。