スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
派遣隊員募集締め切り&メールフォーム設置のお知らせ
一週間前に何気なくカウンターを設置してみたら、一週間ほどの間に57人(二時現在)もの方に訪れていただいていることに大変驚きました!
この派遣計画を身内だけが知るものではなく、より多くの方に知っていただき、総じては遺骨収容全般、日本のために頑張った先人の方々への関心を高めることを目的にブログを立ち上げたわけですが、内心

「どれだけの方が見にくるんだろう?というかこのブログ自体知る人ぞ知るになってないか?」

と思っていたのですがこれだけの方に見ていただいていると知った以上、今までよりも更新頻度を挙げていかねば申し訳が立たない!のでより一層頑張って行きたいと思います!ご声援のほどをよろしくお願いしますm(_ _)m

( ̄_ ̄ )。o0○(そもそもカウンターをはじめから設置していなかったのだろう?)

さて本題ですが
(1)このたびページ中央にメールフォームを設置いたしました。こちらに送信される方のアドレスとお名前、ご用件を入れていただければ私のもとに届く仕組みになっております。必ず返信するようにいたしますので、皆さまからのご意見、ご要望etcをどんどんお寄せください!!お待ちしております!!

本題(2)
このたび志願数が定数に達しましたので、派遣隊員の募集をいったん締め切らせていただくことにいたしました。
皆さまありがとうございました!
以下、隊長殿のブログから引用

ガダルカナル島自主派遣隊 志願に感謝します
http://www.jusenin.com/#/detail/5754857275184587725

ガダルカナル島『丸山道』自主派遣隊、志願隊員が定員以上に達し、締め切りとさせて頂きます。たくさんの方々の志願、誠にありがとうございました。

本活動は全国ソロモン会とNPO法人JYMA日本青年遺骨収集団の協同で行われます。

4月の全隊会同では、全志願者の方々を対象に、個人面接を行わせて頂きます。

厳しいことを申し上げるようですが、ここで当隊の隊員として相応しくないと隊長、副隊長が判定した場合、次回(来年)の派遣にまた志願して頂きますこと、ご了承下さい。



尚、本日、当会(全国ソロモン会)より平成22年度政府派遣ビスマーク・ソロモン諸島遺骨帰還団が出発致しました。

目的地はガダルカナル島とニュージョージア島ムンダです。

政府派遣団長は佐藤外事専門官、(財)日本遺族会、NPO法人JYMAからも要員が派出され、当会からは常任理事の吉田幸子氏、理事の山登靖氏が参加しております。山登氏は、ミュージシャンYAMATOとして各方面でご活躍されています。
YAMATO OFFICIAL HOME PAGE はこちら↓
http://yamato.smail.co.jp/blog/
現時点の情報では、142人(柱)のご遺骨が収容、又は発見されているそうです。
この中にはもちろん、当隊で発見した『丸山道』でのご遺骨9名(柱)分が含まれています。
派遣団の征途、任務の完遂を祈念するのみです。



引用ここまで

また募集を再開する際は、このブログ上または、JYMAのHP(http://jyma.org/)にて公開させていただきますのでまた志願のほどよろしくお願いいたします。

ちなみに今回行かれているミュージシャンのYAMATO氏ですが、一度ライブを聴いたことがありますが大変心にしみる曲を演奏される方です。機会があったらぜひライブに行ってみてください。(広告費はもらっておりません!念のため)


以上、ネット通販にはまっている(よりによっていらんもんばっかり買っている)管理人でした。


*3月4日午前三時追記:以下の4点の語彙を修正いたします。申し訳ありませんでした。

派遣団員→派遣隊員
遺骨収集→遺骨収容
ご志願→志願
演奏→ライブ


スポンサーサイト
2011/03/03(Thu) | 告知、ごあいさつetc | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
--こんばんは--

ガ島自主派遣団・・・もっと若かったら応募したかったのですが(涙)・・・。
いけない私に代わって、というと大変おこがましいですがどうぞ一柱でも多くの御遺骨をお迎えできますようにお祈りいたします。
by: 見張り員 * 2011/03/03 23:51 * URL [ 編集] | page top↑
----

見張り員様

いつも応援ありがとうございます。
皆様の負託にこたえられるよういっそう励んでゆくしだいです!

今回の派遣では19歳から60代までの幅広い年齢層の方が志願されており、個人ごとの体力差によって、後方での補給、連絡任務など体力的負担のあまりかからない業務を割り当てるなど老若男女ともに、安全第一で取り組めるよう計画しておりますので、年齢面、体力面であまりご心配いただかなくとも大丈夫かとは思います。

しかしながら、現地の気候、環境は日本に比べますと、マラリア蚊、猛暑など大変厳しく、それなりの覚悟と最低限の健康、体力が必要であることは間違いがありません。

ガ島自主派遣”団”・・・とありますが正式には「ガ島自主派遣”隊”」でございます。私が記事本文にて「団員」募集~と誤記してしまったがために誤解を招いてしまい、大変ご迷惑をおかけしてしまいました。お手数ですが再度認識のほどよろしくお願いいたします。
by: 管理人 * 2011/03/04 04:51 * URL [ 編集] | page top↑
--いいですね~--

ガ島自主派遣隊。
いい響きですね~。
行かない私までもが、なんだか身が引き締まります。
ガ島まで、わざわざ学生さん達が自主的に行かれる。近頃の若い者などとは申すまじ・・・と、かつて山本長官も言われたそうですが、現代においても同じことが言えますね。ありがたいことです。
by: 監察官 * 2011/03/06 01:48 * URL [ 編集] | page top↑
----

コメントありがとうございます。

最近の若者といいましてもピンからキリまででございますのでなんともいえませんが、その中の下?のほうにおります私でもできるということは、志さえあればより多くの方にもできるということでもありますので、私の周りをはじめより多くの学生に呼びかけてゆきたいと考えております。

by: 管理人 * 2011/03/07 01:36 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://gatomaruyamajisyu.blog109.fc2.com/tb.php/7-9efe99a7
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。